【ブログ】1対1で向き合う時間

ブログ

普段、皆さんは組織の中で個人面談をされていますでしょうか。
私は半年に1度、スタッフ全員と1体1で面談をするようにしています。

その目的は、大きく分けて3つ!

①悩みを聞くこと
②現状の把握をすること
③目標設定をすること

です。

①悩みを聞くこと
まずは、私の意見などは何も言わず、ただ聞き手に回るようにしています。仕事の事からプライベートの事まで、話してくれることのすべてを聞くのです。そうすることで、心を開き始めてくれます。自分の話を真剣に聞いてくれる人に、抵抗はできないものです。とことん今何に悩んでいて、何に躓いているのか、明確にし、それについての解決策を共に考えるようにしています。

②現状の把握
私が見えていないところの頑張りを、認めるためにも何を行っているか知る為です。
そして、得意分野や苦手分野を知り、今行っている仕事の何が楽しくて、何が苦痛になっているのか、聞き出します。スタッフ全員の得意、不得意を把握できると、不得意分野を得意分野にしているスタッフに仕事の割り振りができます。
せっかく組織で仕事をしているのですから、できるだけ得意分野を生かして、ワクワクしながら仕事に取り組んでもらいたいなと思っています。

③目標設定
面談の最後は必ず、次回面談までの目標設定をして終わりにします。
プラス発想で終わる為にも、本人が自らやりたい!と思えるような目標を立てるようにしています。漠然と日々を過ごしていたり、何をやったらいいのかわからない状態では、それだけでストレスになり、何となく仕事が楽しくないという状況になりえません。
しっかり、自分の強みを生かしながら、職場で存在を感じるよう、1人1人に大事な役目があることを伝えるようにしています。

こうして半年に1度、1人1人と向き合うことで、信頼関係も増していきます。
一見、聴くこと1つとっても簡単そうで、難しいものです。ただポイントを押さえれば、簡単に行動できます。そのポイントって? 詳しくはこちらにてお伝えしています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です