ラセクゥール37度Blog

2019年3月21日講師の前池綾乃さんと合同で開催した初セミナー。
「今の職場を辞めずに日本歯周病学会認定衛生士を目指す」1DAYセミナーが無事に終了致しました。
昨年末から準備してきたのですが、あっという間にこの日を迎えることになりました。

前池さんとは、もうかれこれ7年前からの知り合いで、知り合った当初からパワー溢れる衛生士さんで、自己成長への妥協が一切ない人だなと感じていました。

歯科助手経験を経て歯科衛生士を目指し、衛生士になった瞬間から認定衛生士を見据えて臨床に挑むという・・目標設定の基準が半端ない。

日本歯周病学会認定衛生士は臨床経験が5年以上必要なのですが、臨床経験4年目から資料集めをスタートし、5年になった瞬間に試験を受け1発合格。

それも周りに誰も認定衛生士がいなかったことから、自分でHPで調べ問い合わせをしながらすべて自力で資格取得したというから凄い人だなと思います。

なぜか「難しそう」「大変そう」というイメージで手をつける前から諦めてしまう認定取得ですが、講義中に前池さんが「なぜか資格取得してない人が難しいで、と言ってるんですよね。受けてもないのに(笑)」と言われていて、ほんとそうだなと思いました。

前池さんの話を聞いていると、ムキムキっとDH魂に火がついていく方が多くすごいな~、本気の人のエネルギーって伝染していくな~と思います。

周りに前池さんの後を次いで、認定衛生士になっているスタッフもいて、何も難しいことではなく真剣に取り組めば手が届かないものではないことが理解できます。

その後後半は私が担当させて頂きました。「今の職場を辞めずに」の部分です。認定を目指すことで出る弊害。
・私だけ頑張っていて、周りとどんどん温度差が出来て職場に居ずらくなった
・目指そうと思ったら、医院のシステムが整っていないからここでは無理だ
・認定を目指し始めたスタッフの態度が横柄になっていった

などなど・・成長への一歩になるはずが、真逆の効果になってしまっている職場を見かけることがあります。

これは組織で何が起きているのか、その部分を理解してもらう時間になりました。びっくりするほど「今の私の職場・・まさにそれです!」と言われる方が多かった・・。

そこから抜けるには何が必要で、どういうことが大事なのか。

そこを知ってスタートを切れると180度成果が変化すると感じています。
そして、今回認定を目指すレベルのDHさんたちなのでそれはそれはベースのモチベーションが高い高い・・。

同じ志の人たちが集まったので、共感することが多く話も合って皆さん連絡先の交換をしたり話が尽きませんでした。

こうやって仲間が全国にできてあちこちで「心も技術も豊かなDH」が増えるといいなと思います。

第二回開催の4月はすでに満席+キャンセル待ちを頂いております。
ご興味のある方は第3回開催が決まり次第お知らせ致しますので、先行告知を見逃さないようメルマガにご登録くださいね!