ラセクゥール37度Blog

クリニックの構図は、院長、勤務医の先生が男性でスタッフが女性という割合が多いです。ドクターが診療室で仕事をするにはスタッフ(女性)との良好な関係が築かれていると、格段に仕事はしやすくなります。

そして何よりスタッフとの良好な関係での仕事は楽しい。「楽しく仕事に取り組むためにもスタッフマネジメントの極意を教えてよ!」と言われることが多いのですが、スタッフと良好な関係を築いておられる先生を観察していて共通するのは「女心をわかってるな~」ということです。

男性から見てちょっと面倒くさい女心を理解しようと挑む2人の男性ドクターの奮闘記である。通称アイザップと彼らは呼んでいる(笑)

この「女心」って一体何?
⇒女性特有の心持ち。女らしい心。

今までのあらすじ

なぜこの奮闘記がスタートしたの?
第一弾『一番大事なことは○○切ること!』
第二弾『髪切った?は言った方がいいのか』
⇒第三弾『全部解決しようとするから面倒に感じるのだ』
⇒第四弾『なんで女子はすぐ噂話をするのか?』
第五弾『生産性の無い?無駄な時間と経費が超重要』


寿木「お久しぶりになっちゃいました。私の体調によってご心配おかけしました」

R先生「いえいえ、もう大丈夫なんですか?」

寿木「たぶん今しか伝えれない事だと思うので今回の内容はどストレートに流産経験者の気持ちについて話しましょうか」※参照ブログ

Y先生「最近辛そうに見えますが・・大丈夫なのでしょうか」

寿木「これこそ、究極の女心の部分かもしれませんね。今後先生もスタッフを雇う立場になられるので知ってて損はないと思うのでお伝えしたいと思います。正直、なんて声をかけていいやら・・どう接していいのかわかりませんよね?」

R先生「はい。悩みます」

Y先生「正直、ここの職場にきて初めてこのような経験をしています。何とも言えない気持ちです」

寿木「身近にこのような女性と出くわすこともタイミングですし、それが同じ職場のスタッフとなれば尚更接し方に悩みますよね・・」

Y先生「どうやって声をかけていいものか・・悩みますね」

寿木「そりゃそうですよ。一生、先生方は体験することのない次元の事だし、こればかりは想像の範囲でしか考えられないですもんね。実際私も思っていたことと全然違う現実がありました。私のその後をそのまま伝えますね。
正直、先月の流産後は驚くほどに愛に満たされた気分でした。マザーテレサってこんな感じなのかな?って思ってました(笑)溢れ出る愛おしい気持ちと感謝の気持ちでいっぱいで、周りのみんなが幸せになれればいいなって願えるほど、日々満たされた気持ちしかなかったんです。あれ?私、流産経験しても結構前向きにいられる!って自分でびっくりしてました。世間的に耳にするような周りへの嫉妬みたいな感情がわかなかったんですよね。
またすぐに戻ってきてくれるかなって思えてたし。でもそこから一ヵ月が過ぎたあたりから急激な変化が訪れて・・。流産して1カ月後には生理がきて、また体がリセットされたら赤ちゃんを迎え入れる準備に入れるって聞いていたけど、日に日に過ぎていく日々の中で生理が来ない・・。焦りと不安を感じ始めた瞬間に気づいてしまったブラックな自分の感情。
凄くイライラするようになった。
些細な言葉に敏感に反応するようになり、周りが異様に羨ましく感じるようになったんです。悪阻がある人を見ては、妊娠してるだけいいやん・・って思う。子育てに悩んでる人の話を聞けば、子供がいるだけいいやん・・って思ってしまう。極め付けには、忘年会で院長がスタッフの子供が総勢23名になりました!そんな子供たちへクリスマスプレゼントです!って渡していた時には感じたことのない悲しさに襲われたなぁ。
妊娠中のスタッフは祝福され「1人」の計算だけど、死んだ子はもう無かったことになっている。祝われもしない存在で忘れ去られるだけ。そんな感情しかわかなくて苦しかった・・。
こんな事を感じるとは思ってもみなかった。子供のいるママスタッフは本当に嬉しそうで、羨ましかった。今までの自分なら、凄いなぁって微笑ましくみていた光景だったんだろうけど、今の私にはあの時間はきつかった・・。
何とか耐えた涙も帰りのタクシーでとめどなく流れて、運転手さんにだ、大丈夫ですか・・?と心配され、余計辛くてううう・・と泣く。。家に着いても泣く。そこから数日毎日泣く日々が始まるわけです。もう、頭では理解してるんです。誰も悪くないし、勝手に被害妄想みなたな状態になってるのも頭ではわかる。。でも、心が正反対の感情に行きつく。
こんな事を思ってしまう自分をまた攻める。私って性格悪い!最低!!って。
苦しすぎて人生の大先輩の女性に相談をしました。ブラックな自分の感情そのままを正直に話しました。するとびっくりすることを言われたんです。

『それはブラックでも何でもない。一度でも母になった、そして母になりたいからこそ起こる女性として当たり前の感情であり、本能です。』

まさかこんな言葉が返ってくるとは思わなかったので、本当に救われました。ここ数日で今までと違う感情の涙が出ました。
抑えきれない感情に振り回されていた時に、正論を言われたこともありました。『妊婦さんを見るのが辛いの?子供を見るのが辛い?でもね、おめでたいことは皆で祝えることも大事だと思うし』そう言われた時には、そんな事頭ではわかってる。だけど、今の私にそんな話をする?!と心では思うこともありました。私だったらこんな時に正論ぶつけて話はしないな、と反面教師にしようと学びましたが、、。この1週間は怒涛の毎日でしたね・・。」

R先生「全然わからなかったです。言いにくいことを話してくださってありがとうございます。僕たちはこうして聞くことで、配慮する視野が広がるので有り難いです」

Y先生「正直、このご時世色々な経験をしている人がいることを認識しなければならないと思います。慎重に対応しないといけない問題だなって思ってます」

寿木「そうやって受け止めてもらえるだけでも、充分に有り難いです。」

R先生「僕がトップだったら、男性の自分にスタッフが話してくれるかはわからないけど周りの女性スタッフの力を借りて寄り添いたいと思います。具体的にこういう声掛けをした方が良いっていうのはありますか?」

寿木「私の場合は、流産した瞬間からはれものに触るような扱いを受けるのは、悲しかったです。自分から悲しいと主張もしにくいので、直接声をかけてもらえることは嬉しいですよ。気持ちを聞かれるより、体調はその後どう?って聞いて下さる先生の言葉は嬉しかったなぁ」

Y先生「精神面ももちろん心配ですが、それと同じくらい体調面も心配でした。両面のケアが必要だと思います」

寿木「その心遣い、言葉がけは私は嬉しかったです。」

R先生「僕は本人への接し方以上に周りへの接し方も重要だと思うんですよね。例えば周りのスタッフの子供をそのスタッフの前で異様に可愛すぎたりとか、その行為を目の前でしないように見えない所で可愛がるとか配慮が必要だと思ってます。親族が亡くなったと同じことですもんね。これは自分の経験ですが母親が亡くなった時、周りはお母さんが迎えに来ていて自分には居場所が無かったように感じ寂しい思いもしました。時間が解決してくれた部分はありますが、湧き出る感情はありました。仕方ないです。自分だったらどう思うか・・この視点を持ち続けることですね」

寿木「そうやって考えて下さるその気配りが伝わること、それこそが女心の理解かもしれません。気配り、心配り、思いやり。悲しみを抱える人に寄り添う気持ちこそ、愛ですよね。」

Y先生「その人にしか絶対わからない事はあると思うので、前を向けるよう寄り添うことをしたいと思います」

寿木「はい。もし、この先葛藤で苦しんでる女性に出会ったら『その感情はブラックでも何でもない。女性として当たり前の感情であり、本能だよ。』と受け止めてあげてください。救われる人が沢山いると思います」

Y先生R先生「わかりました!どんな状況の人も、一緒に仕事をしていく上で各々が理解し合える環境をつくっていきたいですね。」


★寿木の「組織作りの極意☆メルマガ」配信中♪ブログでは公開していないクローズな話も盛りだくさん♪♪登録はこちらから☆

★現在募集中のセミナー「歯科医院院長向け・組織作り1DAYセミナー」

★女性スタッフ向け「言い方ひとつで医院は変わる!!1DAYセミナー」