人が育たない押し付け教育

white-male-1834099_640

人は優位に働くところが違います。

①視覚優位・・・まずは見てからじゃないと行動できない人
②聴覚優位・・・情報、説明を聞いてからじゃないと行動できない人
③触覚優位・・・やってみないとわからない人

これって視覚優位の人が教える時にやりがちなのが、「まずは私がやるところ見ててね」とか「先輩の行動見て学びなさい」とか言いがち。

相手が触覚優位であれば「やってみないとわからないのに・・」と思ってます。

触覚優位の人は「やってみないとわからないから、どんどんやってみよ!」と教えがち。でも聴覚優位の人からすると、何の情報もなく説明も聞かされないままいきなりやってみろ!と言われるのは本当に苦痛です。

人が育たない組織は自分の当たり前で教育しがち。

それはただの押し付けになってしまいます。

相手は何が優位に働いているのか、そこを観察し相手の優位なところに合わせて教育するとグングン伸びるし、ストレスも少ないもの。

やって見せ、言って聞かせて、させてみせ、褒めてやらねば人は動かじ。
山本五十六

まさにその通り!

見せて、聞かせて、やってみる。全ての5感を用いて教育することを意識すると自分も相手もストレスが減るかもしれません。

ちなみに私は視覚優位!

先日カワハギを頂きました。お魚を3枚におろすことなんてやったことないけど・・・そんな時、私はまずYouTubeで「カワハギ捌き方」を検索し、動画を何度も見ます。

見て理解してから取り組むと案外出来るもんなんですね!!全然綺麗じゃないけど、捌けただけ良しとします(笑)

46754594_1732295246893283_8617502118762250240_n 46853394_1732295253559949_4160866919391428608_n

とっても美味しくて、肝醤油で頂きました♡

これ、捌き方を電話で説明された時は、意味がさっぱりわからなかったんです。。「皮が簡単に剥げるから!」この意味がわからなかった・・・

是非教育担当の方は、相手の優位なものは何なのか、わからなければ山本五十六風に柔軟に対応してみてください。

教育って本当に大事。なんとなくではなく、教育システムをしっかり構築しておくことは数年先まで影響が出てくると思います。

そして教育と言えば・・・

世界一幸福度の高い国「デンマーク」の教育方法は、さらに度肝を抜かれます。人に教える立場の人ほど見逃さないで欲しい情報ここで知ることができます!!!

「世界一幸せな国デンマークから学ぶ子育て&人育て 講演会開催」

デンマークから来日の講師3名をお迎えしての機会は中々ありません!!!良質な情報をゲットしに来てくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です