【コンサルティング】好きな言葉は情熱です!

image

 「好きな言葉は情熱です」と言えば、湘南美容外科SBCメディカルグループ統括院長、相川佳之先生です。

今から3年前に初めてお会いしましたが、まさに情熱の塊のような先生でした。あの言葉は心の底から出ている言葉なんだと納得しました。私は相川先生にお会いして感じた事があります。

情熱は伝染する!

相川先生の周りは、どんどん火が付くようなイメージを受けました。起業家が50人ほど参加していた講演会でしたが、相川先生が話し出すと明らかに会場のエネルギーが高まりました。私自身も、ものすごくエネルギーをもらった感覚は今でも覚えています。

日常とはまた違う刺激をもらい、モチベーションが高まりました。私はなるべく人と会うことを意識しています。それはなぜか。「ダイヤモンドはダイヤモンドでしか磨けないように、人は人でしか磨かれない」と、教えてもらったからです。ダイヤモンドは磨かなければただの石、でも磨けば磨くほどピカピカに輝きだす。人も同じで、人と関わり、切磋琢磨することで輝きが増してくるということです。

今の組織に情熱の空気はありますか?

スタッフのモチベーションが低い、空気が悪い、職場が暗い、そんな悩みをお持ちの方は、どうにか明るくしようと試行錯誤されていると思います。

もし、今行き詰っている感じを受けられているならば、院外の情熱を持っている人、モチベーションの高い人に会ってみて下さい。そして、職場の仲間たちにもそのような機会を提供してみてください。必ず変化が訪れます。それは一気に火が灯らないかもしれませんが、じわりじわりとやってきます。火を付け続けるためにも、多くの人と出会っていく機会は大切です。

組織内で火を付け合う循環ができれば最高ですが、そこに行きつくまでは、外から火をもらうのも一つの手段だと思います。

私は組織に研修や、コンサルティングに入る時、イメージは「チャッカマン」です。カチッ!カチッ!と火を付けていけるよう、意識しています。情熱は伝染です。初めのカチッ!は、小さな気づきの瞬間かもしれませんが、その継続が私は大好きです。

そんなことを日々考えていると、先ほど「院内にきっかけの火を付けてください!」と研修依頼のメールを頂きました(笑)有難い!

外から火をもらうことも有ですよ!

ライン

☆ 最新セミナー情報「院長のためのワーキングリッチのススメ」はこちら

☆ 講演・セミナー研修のご依頼や、ご意見やその他お問い合わせは、こちらからどうぞ♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です