【ブログ】ISD個性心理学の講座を開講しました

セミナー

 自分の強みを知って、相手の強みを知る。ISD個性心理学のアドバイザー講座を開講しました。ISD個性心理学に出会ってから、自分と自分以外の人との違いが面白くなり、納得できるようになりました。どんな事を学ぶの?と思われた方へ。

ISD個性心理学とは、生まれ持った個性と人生のリズムを知り、自分らしく生きていくことが楽しめるようになる学問です。生年月日から統計化した103万6800通りの生涯変わることのない個性という種を、適切な環境にのせることができれば、人は自身のもつ力を何倍にも発揮することができるようになります。個性がわかると、その個性の生かし方がわかる。自分らしく生きることができるようになる。自分の未来を自分で創ることだってできるようになるのです。

ISD個性心理学協会より引用

 自分と他人は、全く同じはありえません。考え方も習慣も、育ってきた環境さえも違います。その違いに目を向けてストレスを感じている人が余りに多いと思うのです。私も、違いを受け入れられずに悩んだり、イライラしてしまうことが多々ありました。同じことを言っても、すぐに伝わる人もいれば、中々理解してもらえない人もいます。そこに「なんでわかってくれないの?」と落ち込むことさえあったのです。

 組織の悩み、60%は人間関係と言われています。人と人とが接するうえで、どうしたらこの違いをストレスに感じなくなるのか、模索していた時にISD個性心理学と出会いました。
   
 「他人との違いをすべてただの違いとして受け入れられたら、とても楽になりますよ。」

 その言葉で、興味を持ち学び始めました。確かに相手を変える、コントロールすることなんて出来ません。変えることができないものにエネルギーを費やすのではなく、自分で変えれるところだけにフォーカスし、そこにエネルギーを費やす方が効果的です。自分と他人は違って当たり前。相手の行動に目を向けてばかりではなく、自分がどう感じ取るのか、そこからどう受け止めていくのか、が問題だと思います。自分に矢印が向いた時、とても楽になりました。結局は自分がどうするのか、だなぁ~と納得できたのです。

 ISD個性心理学の学びを深める中で、多くの人も知ってもらいたい!と思い、開講できるようマスターインストラクターまで受講しました。今日はその1回目です。20代と50代という年齢差がある受講生さんでしたが、とっても楽しそうに違いを知り、笑いに包まれていました。

 「違うって楽しいね!」

 ぽろっと出た言葉に、私も再度勉強させて頂きました。人との違いにイライラしたり、悩んだりするより、その違いを楽しめたら人生大きく変わっちゃいそうですね(^-^)これからどんどん開講していこうと思っていますので、興味がある方は一緒に学んでいきましょう♪

 ☆☆不定期開催なので、ご興味がある方はお問合せから連絡ください(*^-^*)☆☆

ライン

☆ 講演・セミナー研修のご依頼や、ご意見やその他お問い合わせは、こちらからどうぞ♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です