世界一幸せな国、デンマークから学ぶ【世界一幸せな組織の作り方】

世界一幸せな国、デンマークから学ぶ【世界一幸せな組織の作り方】

歯科医院を「幸せ!」と言える人たちであふれかえる業界にしたい!!
全国7万件近く存在する歯科医院ですが、離職率の高い業界とも言われています。その原因のトップは人間関係。
院長、スタッフそれぞれが依存ではなく、自立した関係で自ら行動できる職場になったらどうでしょうか?
きっと、そこには今抱えている悩みは無くなります。

【こんな悩みはありませんか?】
・スタッフが全く定着しない
・自主的に行動し、仕事に取り組むスタッフが育たない
・いつも人間関係のトラブルが絶えない
・モチベーションが低い
・職場に自分の居場所がない

これらのお悩みを抱えている歯科医院の院長先生、是非お越しください。
なぜこのような事が職場で起きるのか、その原因となる仕組みが見えてきます。

寿木は2016年2017年と2回、世界幸福度ランキングでトップ常連国のデンマークへ「幸福度の高い国の秘訣」を学びに視察へ行ってきました。

幸福度の高い国では、どんな職業の方も、年齢関係なく「幸せ」という言葉が返ってきました。
彼らが言う「幸せ」の定義は、自分で選択し、自分で考え、自分で決定したことに責任を取る人生、それがまさしく自由であり、幸せだと答えていました。

幸せな組織は個人が自立している状態を指します。

この1DAYセミナーのテーマは「自立」です。

【自立しているスタッフは・・・】
・自ら考え行動します
・他人や医院のせいにしません
・主体的に言葉を受け取ります
・院長や医院へ依存していません

幸せな組織とは、各々がこの組織が幸せになるために何をすればよいのかを考え、行動する人たちの集まりです。
その組織作りのために、医院の長である貴方が、大切なものを明確にし、大切にする行動を起こすことがより幸せな組織への第一歩になると確信しています。

そこで必要になってくるのが、マインドである心の仕組み。
なぜ依存が生まれてしまうのか?
依存から抜け出す方法はどこにあるのか?

その仕組みを理解すれば、幸せな組織作りは可能なのです。

【デンマーク視察で学んだ幸福度の高い仕組みと考え方】
・離婚率は48%と高いのに、幸せな訳
・生産性の高い企業が取り組んでいるのは信頼関係の構築
・幼児教育から徹底されている言葉がけ
・98%の人が共働きのデンマークで大切にしているワークライフバランス

これらの秘訣もお伝えしていきます。
実際、歯科医院でどのように導入し、どのように伝えていくのがわかりやすいのか、それらも含め情報をお持ち帰りください。

※少人数制での開催になりますので、定員に達し第締め切らせて頂きます。お早目のお申込みお待ちしております。

お申込みはこちらまで!!

世界一幸せな国、デンマークから学ぶ【世界一幸せな組織の作り方】

お申込みはこちらまで★

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です