組織の文化となる鍵とは?

よしだ歯科

 今回でちょうど丸5年がたちました。よしだ歯科女子スタッフによる「女子会」その名も「ラセクゥール」♪

 今からさかのぼること5年前の2011年10月、初めて女子会を開催しました。そこから3ヶ月に1度のペースで開催し続けてきましたが、本当に続けていて良かったと心底感じています。

ラセクゥールが立ち上がった奇跡

 当社の屋号でもある「ラセクゥール」ですが、実はこのよしだ歯科女子会がスタートなのです。フランス語で「かっこいい女子達」という意味があります。

 2011年、当時のよしだ歯科は離職者が絶えず、スタッフ同士のもめごとも絶えない職場にありました。日々悩みが絶えず、泣いてるスタッフを見るのは当たり前の光景になるほど。院長とスタッフの溝も深まるばかりでした。

 このまま仕事を続けていても全然楽しくない。「もっと楽しく仕事しない?」そんな問いかけに少しづつ賛同者が集まりだしました。お互いの価値観共有には、話をする場が必要だと思い、美味しいものを食べながらお互いを知る機会として、女子会を発足したのです。

 なんとか皆にまずは参加してもらいたくて、私は食べ物でスタッフたちの気を引いたのです。

 「しゃぶしゃぶご馳走するから、みんなでご飯いかない?」と。(笑)

 これが大成功の鍵でした。みんな「え?おごりですか!」と嬉しそうに「行きま~す」と参加してくれたのです。企みがあるとも知らずに・・・(笑)

 みんなでワイワイしゃぶしゃぶで盛り上がりながらご飯を頂き、終盤に近付いた時、ドキドキしながら「実はね・・・」とみんなへ1枚のプリントを渡しました。

私達女子パワーで、もっと職場を良くしてみたい!

 熱い想いを書いた紙を全員に配布し、この食事会の意図を伝えたのです。「もっと楽しく仕事がしたい」「もっと皆で力を合わせて仕事に取り組んでみたい」と、本気で伝えてみました。めんどくさいと思われないか、いきなりどうした?と思われないか、皆の反応が正直怖かったのを覚えています。

 すると、一人のスタッフが「めっちゃ良いじゃないですか!これからやっていきましょう!」と言ってくれたのです。「正直、今日はただ飯~♪くらいの気分でご飯食べに来ただけと思っていましたが、寿木さんの想いに協力したいって本気で思いました!割り勘にしましょう!!」と。

 その言葉にホッとした瞬間、周りを見渡すと全員が満面の笑みで大きくうなずいていました。その表情を見渡した光景は二度と忘れないと思います。まるでドラマのワンシーンのようでした。

 「今回は私がおごるってみんなに来てもらったから、次回からみんなで割り勘で開催していきたいな」と伝えると、「いや、今日からスタートにしましょう!今日から割り勘で!!」次々にスタッフみんなが「そうしよう!」と声を上げてくれました。

 「じゃぁ、幹事も当番制にしない?」「割り切れない時用に、少額の会費も集めない?」次々に案が出され、形ができ始めました。

握りしめた5万円は、100倍になって返ってきた

 当時の女子スタッフは約10人。いちスタッフである当時27歳の私が羽振り良く奢れる額でもありませんでしたが、きっとこの決断は無駄にならないと自分に言い聞かせ、銀行から5万円を引き下ろしお店に向かったのです。

 私にはこの食事代が最大の未来への投資だと、確信していました。
(結局、皆に押し切られ、初回から「割り勘」となり支払いはしなくて良かったのですが・・(笑))

どうせやるなら、可愛いじゃなく、かっこいいを目指そう!

 初めて本気でスタッフみんなで仕事について語り合いました。もっと患者さんに喜んでもらうには?もっと医院が成長していくには?もっと連携をとって仕事をするには?こんな話し合いがたまらなく楽しい時間となりました。

 「院長に指示されるわけでもなく、こうしてスタッフである私達が医院の事を考え、取り組むってすっごくかっこいいよね!」

 「仕事もプライベートも全力投球ってすごくかっこいい!」

 こんな言葉を互いに掛けあえるようになり、女子会のテーマは「かっこいい女子たち」となりました。

 そんな日からあっという間に5年です。沢山の思い出と共に、仲間も倍以上に増えました。

 【始めることよりも、続けることのほうが難しい】

 そんな言葉もあるくらい、続けていくのは難しいです。でも大切なことは続いていく、大切なことは変わらず引き継ぐ文化ができると5年を通して学びました。

 すぐに結果を求めても変化が見えにくいのが人間関係です。諦めてしまう組織が多いのかもしれません。でも、構築された組織の文化は根深いものになります。だからこそ、続けることにこだわりをもっています。

 でも、ふと思うんです。人って、組織って、なんとなく続いているものがあるのではないか、と。それは無意識的に続いているかもしれません。続いているものが習慣となり、人格となります。

 

さぁ、あなたの大事な組織は何を続けていますか?

 もしかして、文句や不満を言い合う空気を続けていませんか?良くも悪くも、その続けているものが根深い文化となって組織の当たり前になっていくでしょう。

 何気なく続けているもの、続いている事、まずは気づくこと、そして何を今後も続けて何を辞めるのか。そこから文化作りのスタートだと思います。
                                                                                                                                                                                                            

☆☆☆よしだ歯科では医院見学研修を開催しています☆☆☆

 毎月2医院まで、受け入れ可能です。スタッフたちが作る文化を体感されませんか?詳しいお問い合わせはこちらへまでご連絡ください(^-^)

ライン

☆ 最新セミナー情報「言い方ひとつで医院は変わる!2dayセミナー」はこちら

☆ 講演・セミナー研修のご依頼や、ご意見やその他お問い合わせは、こちらからどうぞ♪

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です