輝けるステージは1つでは無い!

寿木 藍

 この2日間、一気に部屋の片づけを進めていました。たまにこういうスイッチが入る瞬間ってありませんか?私はやり始めるととことんまでやってしまうAB型です(笑)

 どんどん部屋がすっからかんになってきました。なぜすっからかんになるかと言えば、「不要なものを捨てる」からです。私は片づけをし始めると、ゴミ袋が何個も集まるくらいとにかく捨ててしまいます。中には「こんなもの持ってたっけ?」とあったことさえ忘れているものが出てきたり。

 久しぶりに出てきたものは、在ったことさえ忘れているんだから使わないなと結論付け、捨てるようにしています。以前は中々物が捨てられず、荷物に溢れていたのでとにかくシンプル思考が自分には合っていると、手放す勇気を持つように心がけたんです。

 すると、楽ちん楽ちん♪物も探さなくて良いし、部屋は散らからないし、心までスッキリです。この快感でたまに家中を片付けます。

 ですが今回、片付けをしている時に何気なくテレビを見ると、CMで「メルカリ」というフリマアプリの宣伝をしていました。出品までおよそ3分!お互い住所も知られず配送できる!と。今までメルカリの存在は知っていましたが、ややこしそうで面倒くさがりな私はやろう、と思ったことはなかったのですが、なぜか今回ピン♪ときて「もしかしたら、私がいらないと思っているものでも、誰かの欲しいものになるのかも」と思い出品してみたのです。

 すると、出品して2分で1つ売れました!「えー!!こんなもの売れるんだ!!!」と驚いていると、どんどん次から次へと売れていくのです。面白くなってきて、捨てる予定だったものほとんど出品しました。

 なんとそれが総額3万円!ゴミだと思っていたものが3万円に変身したのです(*^。^*)「捨てなくて良かった~」と心の底から思いました。

出番なんて1つのステージだけじゃないんだ

 私がゴミだと思っていたものが商品になった時、急に愛しく思えてきました。だって誰かが次は使ってくださる物ですから!綺麗に梱包し、配送の手続きをしました。その時、ふと思ったんですよね・・。

 「ごめんね、ありがとう!」

 私の家ではもう、不要なものになってゴミ扱いしていたけれど、誰かの家庭ではまた第一線で活躍するんだなと思った時に、ゴミ扱いしてごめん!という気持ちと、今までありがとうね!という気持ちがわいてきました。

 これって、私達人間も似ていませんか?

 始めに就職した職場では、使いものにならないと卑下され自信もなくなり、存在価値も見いだせなくなっていた人が、次に就職した職場では能力を発揮し、重宝される人材へ成長していたり。こういうことって本当に多いです。

 それぞれに与えられたステージって1つや2つではないと思うのです。だからこそ、たった1つ、今のステージで光をあびなかったからって自信を無くす必要もなければ、諦める必要もない!そして、光を与えてくれなかったと誰かを憎むものでもないのです。

 その場所では不要なものだったのかもしれません。だからと言って世の中すべての場所から不要なものという扱いにはならないのですから。

 そして、捨てるのがもったいなく感じて、何もかも自分のものにしようと家にため込んでいても、普段使用するものなんて限られています。もう使用しないのなら、必要とする人へ、場所へ、譲っても良いのではないでしょうか。

 エネルギーの循環を感じた休日になりました。あなたも是非、本当に必要なものと、手放すものと整理してみてはいかがでしょうか(^-^)

ライン

☆ 最新セミナー情報「院長のためのワーキングリッチのススメ」はこちら

☆ 講演・セミナー研修のご依頼や、ご意見やその他お問い合わせは、こちらからどうぞ♪
 
 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です