人はなぜ噂話をするのか

2016060201

 「仕事、辞めたいらしいよ」「あなたの事、嫌いって言ってるみたいよ」

 人の噂はどこまでいっても尽きないもの。しかもほとんどがマイナス発言ではありませんか?あなたもこのような噂のまた聞きの経験はないでしょうか?

 先日、脳科学の本を読んでいて、へえ~と思ったことがあったのでシェアしますね。人の脳は楽な方へ流れる傾向があるそうです。なので何もアクションを起こさなければ、勝手に楽な方へ思考は進んでいきます。楽な方向というのは、マイナス思考を指します。人は自分が主体となって物事を捉え考えるよりも、他人や環境のせいにして考える方が楽なのだそうです。

 なので、筋トレと同じで努力し、鍛えていかなければ思考は勝手にマイナスへと進んでいくのです。進むほどに愚痴や文句、他人の噂話へ発展していきます。だからこそ、自分主体で考えたり、行動に移したり、プラスに物事を考えるのは努力も必要だし、エネルギーも使います。そしてそのエネルギーこそが成長へ繋がるそうです。

 私はすぐ人の言葉や評価に流される傾向がある、と自分で自分を分析していました。それを何人かに相談したこともあります。すると「それは自分に信念が無いからじゃない?」「自分に自信を持ったら、惑わされなくなるよ」などのアドバイスを頂くことがほとんどでした。

 ですが、私はその返答が腑に落ちていませんでした。そうじゃない気がする・・・。と言い表せないモヤモヤを感じていました。

 でも最近、先ほどの解釈を知り、初めて腑に落ちたのです。結局、誰かの言葉や評価に流されたり、惑わされるときは私の心が楽をしている時だったのです。とことん楽をしていくと、一緒になって他人の文句を言ってみたり、環境への不満を言ってみたり。そこに成長はありませんでした。

噂話が耳に入って来ないようにするのは無理

 人と会話をする以上何らかしらの情報は常に耳に入ります。ただそこで、自分が楽をするのか、成長を取るのか決めることができます。

 成長へ繋げたいなら、思考の楽を選択しないことです。私はこの解釈を自分でするようになり、納得して自分と向き合えるようになりました。常に成長への選択を取れれば良いのですが、たまに楽をしたくなる時もあります。ボーっと噂話に耳を傾け、勝手にショックを受けてみたり。でもそんな時は、楽してるもんな~、と楽を選択した自分を認めています。

 そういう事に気づくことからでもいいんじゃないかな?と思っています。

 色んな組織の相談を聞く中でも、噂話は必ず存在します。でもその噂に一喜一憂しないこと。私は今、噂をしている人を見ると「楽してるんだな~」と客観視しています。楽な人生を歩むのも、成長の人生を歩むのも、自分の人生です。成長の人生を歩んでいく人は、必ず努力をしているという事です。

 もし、噂話に疲れたり、惑わされると感じている人は努力をしてみると良いですよ。何の?どういう努力??と思った方。

 それを考えてみることから、努力のスタートですね!!私も今数えてみると、20個ほどレパートリーがありました。ほんと些細なことですけどね♪

ライン

☆ 最新セミナー情報「院長のためのワーキングリッチのススメ」はこちら

☆ 講演・セミナー研修のご依頼や、ご意見やその他お問い合わせは、こちらからどうぞ♪

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です